金利の仕組みを知っておこう|キャッシングは計画的に

借り換えを利用する返済

借入れ金の無駄を省く方法

マネー

今月の生活費がピンチという時に便利なキャッシングですが、借り方などによって金利に大きな差が出ます。一般的に利用されているのが、消費者金融や銀行などからのキャッシングが多くなっていますが、中にはクレジットカードに付帯しているキャッシング枠でお金を借りているという人もいると思います。特に急な出費の時などには、いくら融資までの審査などが早いといっても消費者金融や銀行のカードローンを申し込んでいたのでは、すぐに借りたいと思っている人にとっては希望通りにならない事になってしまいます。このような時には、とりあえず消費者金融か銀行のカードローンに申し込みをしてから、最低限必要な分をクレジットカードのキャッシング枠を利用してお金を借りるという考え方が理想になります。上手くカードローンの審査に通れば、そちらでお金を借りて、クレジットカードで借りた分を返済してしまう事が無駄を省く方法になります。一般的にクレジットカードのキャッシング枠の金利の方が、消費者金融や銀行のカードローンの金利と比べると高くなっている傾向があるので、早い段階で借り換えのような形をとれば、金利の部分で無駄を省くことができます。本来であれば、カードローンの審査の段階でクレジットカードでのキャッシングがあるのは、審査に不利になる事も考えられるので、事前に金利の低い消費者金融か銀行のカードローンに申し込みをしておくことが、最も金利面での無駄を省くコツになります。

使用勝手と利息を考慮する

貯金箱

キャッシングには、消費者金融や銀行のカードローンによるキャッシングがあります。他にも、クレジットカードに付帯しているキャッシング枠によるキャッシングがあるのです。一般的に消費者金融や銀行のカードローンの方がクレジットカードのキャッシングよりも、金利面で低めに設定されている事が多いのです。しかし、カードローンの金利は、借入限度額や申込者の属性などによって金利幅がかなりあるのも特徴となります。なので、申込みの際には充分に注意が必要になります。もちろん、金利が低い状態でのキャッシングの方が、利息そのものが少ないのです。そのため、お得と感じる事もあるとは思いますが、いくら金利が低くでも返済方法が毎月のリボ払いになっている場合は要注意になります。毎月、一定の金額でありながら、比較的低い返済額に設定されている事が多い点で人気のあるのがリボ払いです。しかし、毎月の返済額の中には実査に借りている分の返済と利息分お返済が含まれているのです。そのため、高額の借り入れ額の場合には、元金が殆ど減らずに利息分の額が毎月の返済額の多くを占めてしまう事も考えられます。もちろん、多くのカードローンなどでは、毎月のリボ払いによる返済額を変更して増額をする事も可能なシステムになっているので、毎月の返済を多めに設定するか、できるだけ常時返済をする事も重要なポイントになってきます。また、クレジットカードのキャッシングは総量規制の対象になっています。そのため、年収の1/3を超えた借り入れができない決まりがあるので、申し込む前に確認をしておくことも必要になります。キャッシングをする場合には、金利や使い勝手などを充分に考えた上で申し込みをする事が、毎月の返済や最終的な返済額を抑えるポイントになります。

借りたお金の返済知識

お金

急に現金が必要になった時に便利なものとしては、キャッシングのシステムがあります。これは、普通のクレジットカードについているものですが、カード契約の時にこのキャッシング機能を無しに選定する事も出来る様になっています。キャッシングは契約の時に限度額が決まっていますので、それ以上に必要になった場合は増額申請が出来、再度審査が通ると利用限度額を上げる事が出来る仕組みになっています。但し使い方をしっかりしないと、使い過ぎとなり大きく失敗するケースもあるので、注意が必要になります。使いすぎないようにするためにも、しっかり金利を確認しておくようにしましょう。金利の見方は年率18%となると、簡単に言うと10万円をキャッシングで借りると10万円に18%をかけたものを、365日間でわります。この金額に30日か31日、要するに1か月分をかけたものが、月ごとの金利となります。従って、10万円を借りた場合、1か月の金利は1500円ぐらいなのです。キャッシングを利用してお金を借りた場合の返済方法は、基本的に一括返済になるケースが多いですが、リボ払いといって分割で支払いを選べる事も出来ます。但し、金利を計算するとキャッシングを利用した場合は、一括返済の方が、かなりお得になります。リボにすると毎月の金利を支払う事になるので、かなり高い利息を払う事になります。キャッシングでの借り入れは金利を安い状態で早く返済する事が、ポイントになりますので、注意して利用する事が大切です。